北米のPCB事業は弱くなりますが、ブック・ツー・ビルの比率はプラスのままです
Jul 08, 2017

米国イリノイ州バノックバーン、2017年6月29日 - IPC - Electronics Industries 北米のPCB(Printed Circuit Board)統計プログラムから、2017年5月の調査結果を本日発表しました。 PCBの売上高と受注高は、いずれも昨年と比較して減少しました。 PCB受注残高が減少したものの、1.05のプラス水準を維持しました。

2017年5月の北米PCB出荷台数は、前年同月比で3.1%減少しました。 今年の出荷台数は前年同期比で4.3%減少しています。 前月に比べ、5月出荷は26.7%減少した。

5月のPCB予約額は前年同期比7.3%減となり、前年同期比1.3%減の年初来の注文増をマイナス領域に戻した。 5月の予約は、前月に比べて33.6%減少しました。

IPCの市場調査担当ディレクター、シャロン・スターラー(Sharon Starr)は次のように述べています。「売上高と受注高が昨年の水準を下回ったため、 "弱い注文が4月の20カ月のピークからの本の比率を引き下げたが、良いニュースは、比率が第4四半期のパリティ(1.00)を上回っていることである。これは第二年の半分になる」と彼女は付け加えた。

利用可能な詳細データ

IPCのPCB統計プログラムの詳細な5月データを含むIPCの北米PCB市場レポートの次の版は、来週に入手可能となる予定です。 毎月のレポートは、硬質PCBおよびフレキシブル回路の販売および受注に関する詳細な調査結果を示しています。硬直およびフレックスの書籍対請求比率、企業規模による成長傾向、プロトタイプに対する需要、およびその他のタイムリーなデータを含みます。 このレポートは、IPCのPCB統計プログラムの現在の参加者と他の人たちの購読者から無料で入手できます。 このレポートの詳細については、次のURLを参照してください。 www.ipc.org/market-research-reports。

データの解釈

過去3ヶ月間に予約された注文の価値を、IPCの調査サンプルの企業からの同期間に請求された売上の値で除算することによって、書籍対請求比率が計算されます。 1.00を上回る比率は、現在の需要が供給より先行していることを示唆しており、これは今後3〜6ヶ月間の売上増加の肯定的な指標となる。 比率が1.00未満の場合は、その逆を示します。

前年と年初の成長率は、産業成長の最も有意義な見方を提供しています。 季節的影響および短期ボラティリティを反映しているため、月間比較は慎重に行う必要があります。 予約額は出荷額よりも変動する傾向があるため、3か月連続の傾向が明白でない限り、月間の書籍間比率の変更は重要ではありません。 また、予約と出荷の両方の変更を考慮して、書籍対請求比率の変化を促進するものを理解することも重要です。

IPCの毎月のPCB業界統計は、米国およびカナダで販売されているリジッドPCBおよびフレキシブル回路メーカーの代表サンプルによって提供されたデータに基づいています。 IPCは、毎月末にPCBの書籍対請求比率を公表しています。 当月の統計は、通常、翌月の最後の週に利用可能です。

竜江回路・ インターナショナル ・ リミテッド